Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Tue, 11 Jun 96 18:26:45 JST
From:  t-tubata@mpt......
Subject:  Re: Shin-Kobe kara norikoshi 
To:  midori-ml@rcep.dpri.kyoto-u.ac.jp (MMML)
Message-Id:  <9606110927.AA21624@usvyhp5.mpt......>
Posted:  Tue, 11 Jun 96 18:27:10 +0900
X-Mail-Count: 01059

津幡といいます。

>ふぢはら@テツ人十三号で〜す

(中略)

>藤原の言い分:
>当初所持している乗車券は、舞子までの効力を有する。
>つまり、あたかも「[名]名古屋市内→舞子」であるとしてよい。
>この乗車券は、三ノ宮・神戸間東海道本線と、
>神戸以西山陽本線を経由することができる。
>ここに「舞子→西明石(経由、山陽)」の乗車券を別途併用することにより、
>三ノ宮・神戸間東海道本線と
>神戸から西明石まで山陽本線を経由することができる。
>規157の(21)により、(これは乗車券併用も可)
>神戸または三ノ宮・西明石間の効力をもつこの乗車券で、
>新神戸・西明石間に選択乗車することが可能である。
>−−−−−−−−−−−−−−−

結論は支持しますが、この論理は疑問です。
名古屋市内→神戸市内の乗車券で西明石まで乗り越すときに舞子→
西明石の運賃を収受しますが、これは「名古屋市内→神戸市内」
「舞子→西明石」の2枚の乗車券を併用するのと等価ではありませ
ん。乗り越し(区変)した後は「名古屋市内→西明石」の乗車券に
化けるのです。従って、あらかじめ乗り越しておけば、神戸市内で
の途中下車も可能となります。榊原さんが「事前に精算していれば
舞子―西明石の乗り越しでも、新幹線に乗れます」と書いておられ
るのはその意味でしょう。つまり、論点は、「神戸市内着の乗車券
で西明石まで行ってしまったとしても、在来線舞子からの乗り越し
運賃でよいか?」ということであり、

 榊原説:乗ってしまってからでは新幹線と在来線を同一とみなす
     ことはできず、実際乗車経路における神戸市内の出口の
     駅(新神戸)からの運賃が必要。

 津幡説:乗ってからでも実乗区間に従い新幹線と在来線を同一と
     みなすことができ、在来線における神戸市内の出口の駅
     (舞子)からの運賃でよい。

ということでしょう。

実際問題としては、新幹線に乗った段階で西明石まで乗り越しを申
告しておくことです。ここで、車掌が「西明石で精算してください
よ」といえば、乗り越し運賃を払っていなくても「あらかじめ係員
の承諾を得た」ことになりますから問題ありませんが、西明石でモ
メると、最悪の場合、不正乗車として名古屋市内→神戸市内の乗車
券は無効として回収の上、名古屋市内→西明石の運賃の3倍(運賃
+2倍の増運賃)を払うことにもなり得ます。無札旅客の立場は弱
いのです。


>ところでこの選択乗車に関連して、
>「新大阪ー西明石」の乗車券で、
>新大阪ー新神戸間新幹線、
>三ノ宮(神戸、元町、新長田)西明石間山陽本線
>を経由することができるか?
>途中下車との絡みもあって・・・・・・・・

これは、以前藤原さんが提起された天王寺〜JR難波・大阪の選択
乗車のときに議論しましたよね。わたしは、新神戸から三ノ宮又は
神戸の乗り継ぎの場合のみ可能と解します。現場では、権利放棄と
して新長田をはじめ元町以西の各駅との乗り継ぎを認めているかも
しれませんが。