Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Mon, 03 May 1999 01:50:45 +0900
From:  "M.IWANAGA" <files2@ma.mailbank......>
Subject:  [MMML:04446] Kinko-Kukan and Orio/Kurosaki/Kokura
To:  midori-ml@rcep.dpri.kyoto-u.ac.jp
Message-Id:  <199905021651.BAA24224@smtpc.mailbank......>
X-Mail-Count: 04446

MMMLの皆さん、初めまして。Files2です。
2つ質問をさせていただきます。

最近JR時刻表を読んで疑問に思ったのですが、
「大都市近郊区間のみをご利用の場合の特例」で大回り乗車中に
「分岐駅を通過する列車に乗車する場合の特例」や
「特定の分岐区間に対する区間外乗車の特例」を使っても
良いのでしょうか?

例:博多→原田→桂川→
 (1)→田川後藤寺→小倉→(快速)→吉塚
    (西小倉−小倉で「分岐駅を・・・」)
 (2)→黒崎→吉塚
    (折尾−黒崎で「特定の分岐・・・」)

疑問の理由:近郊区間の説明では「最も短い経路で計算します」とあるのに、
      後の2つは「・・・キロ数は含めないで計算します」とあるから。
      (「乗車できます」ではない)

また、営団地下鉄でのラッチ外乗り継ぎの時の規則が話題になっていましたが、
JRにもこのような規則があるのですか?(例:折尾駅の1〜5番−6・7番)

--------------------------------------「夢+努力=現実」----
"Files 2" as Manabu.IWANAGA  mailto:files2@ma.mailbank......
Homepage http://www.geocities.co.jp/Berkeley/7760/index.html