Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Wed, 19 May 1999 10:49:44 +0900 (JST)
From:  Hiroshi Nakada <nakada@exa.onlab.ntt......>
Subject:  [MMML:04467] Re: T okyo kinkou-kukan
To:  midori-ml@rcep.dpri.kyoto-u.ac.jp
Message-Id:  <199905190149.KAA21280@exa.onlab.ntt......>
In-Reply-To:  <199905190020.JAA29158@saba.ipl.t.u-tokyo......> from "SWA / KASAI Takaya" at May 19, 99 09:20:54 am
X-Mail-Count: 04467

中田です。

>  葛西です。
> 
> [MMML:04465] にて
> "Kotaro Kato" さん:
> 
> >旅客営業規則第156条第2号イの(注)については、
> >「新幹線東京・熱海間(東京駅、新横浜駅、小田原駅及び
> >熱海駅を除く。)は、東京近郊区間には含まれない。」と
> >改められました。

> 	・たとえば東京・熱海間だと、「新幹線経由」と指定して買え
> 	 ば2日間有効・途中下車可なのに、「在来線経由」だと1日
> 	 間有効・途中下車不可になる。しかるに「新幹線経由」で在
> 	 来線に乗ることもできる(と思う)。

その通りになるのでしょう。

JR東の各駅でもパンフレットが置かれています。どうも「東京山手線内」
なんてのもそのまま残るような雰囲気ですね。特に説明はありません。

しっかしパンフレットの例では「例えば、横浜駅から高崎駅までの
間にはいくつものルートがあり……(中略)目的地までの経路を
いちいち決めてから、そのとおりのきっぷを購入するとなると何かと
不便でわずらわしいものです。そこで……」となってますけど、これ、
例が悪いよなあ。横浜から高崎だったら、常識的なルートは、
(上越)新幹線か在来線か、川崎経由か新川崎経由か、あるいは
埼京線や屋久付近ぐらいのルートの選択くらいしかなくって、そ
いつは近郊区間とは別の規程で元から選択可能だったんだし、し
かも途中下車の制限もなかった。そもそもその時点で埼京線なんて
選ぶ人は、そこに途中用事がある人で、これは途中下車できなきゃ
意味がない。こんなのサービスの向上みたいにいわれちゃあ
反発したくなります。わざわざこんな変な例あげなきゃいいのに。

あと、イオカードの取り扱い拡大ですけど、今回新たに近郊区間に組入れ
られた駅は多いのですけど、そのわりにイオカードが使える駅の追加は
22駅にとどまってます。両毛線、水戸線は両端の駅と前橋、下館のみ。
駅員配置駅ではいずれ自動改札が整備されて使えるようになるのかなあ。

--
 中田 広     HIROSHI NAKADA     nakada@exa.onlab.ntt......
 NTT未来ねっと研究所 メディアネットワーキング研究部
 Media Networking Laboratory, NTT Network Innovation Labs.
「ねっと」は【ひらがな】です 変換し忘れではありません