Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Sat, 5 Jun 1999 13:25:26 +0900
From:  Fukuoka_Takeshi/surg1@nms......
Subject:  [MMML:04496] Re:Tokyo kinkou-kukan
To:  midori-ml@rcep.dpri.kyoto-u.ac.jp
Message-Id:  <H000068200462543@MHS>
X-Mail-Count: 04496

猪頭 宣です。

[MMML:04494] にて津幡さん Wrote

>>>> ・着駅が山手線内の場合で山手線内を通り越し近郊区間内で乗り越し精算をする
>>>> 場合。従前は出口の駅(田端・池袋・新宿・品川・秋葉原等)からの運賃を収受
>>>> していたが、発駅との差額精算とする。
>
>(さらに中略)
>
>>「駒形から三河島ゆき」の乗車券で日暮里で下車した場合は
>
>そういう例は「山手線内を通り越し」と言わないんじゃないかしら。宝積寺から南千
>住までの乗車券で三河島で下車なら「山手線内を通り越し」ているけど、それでも
>「乗越」とはいえないと解します。

あっ、すみません。それ誤解です。
本論は「駒形から山手線内ゆき」で三河島へ乗り越しの場合だけです。


後段の「駒形から三河島ゆき」の乗車券で日暮里で下車した場合は、
この解説とは別論です。 むしろ以下の引用で論じるべきでした。

[MMML:04242]にて 津幡さん(二重引用・高木さん) Wrote

>>区間変更が成立するのは、券面表示経路から外れる場合と「乗り越し」
>>の場合に限られます。この場合は、券面表示経路上の駅での前途放棄
>>なので、運賃は逆転していますがそのまま下車できると思います。
>
>同感です。大都市近郊区間内相互発着の乗車券では、同区間内において
>経路を自由に選択でき、*券面経路外で*途中下車したときは区間変更と
>して取り扱うことになっています。

高木・津幡説が正しいとするならば、
「駒形から三河島ゆき」の乗車券で日暮里で下車した場合は、
下車前途放棄で (運賃の逆転現象が生じるが) 差額収受なしですか。

イオカード使えば、「駒形から山手線内ゆき」とみなされ、前者より高く
つくためミスミス損をすることになりますね。

♯ やはり、乗車券は予め購入しておいた方が有利ということですかね。

>いずれにせよ運賃の逆転現象が生じるのは好ましくありませんし、現行
>の東京山手線内・特定都区市内制度でも逆転現象を防ぐ条文が設けられ
>ていますから、今回も条文上の対策が取られるものと思います。本件に
>関していえば、大都市近郊区間内相互発着の乗車券には東京山手線内・
>特定都区市内制度を適用しない、とするのが簡単でしょう。券売機用の
>運賃表は煩雑になるけれど、イオカード使えばどうせ自動処理です。

JRの制度担当者は「運賃の逆転現象」に気付いていたのでしょうか?
あるいは、些細なことなので黙殺したか..?

閑話休題。

「駒形から三河島ゆき」の乗車券で田端・西日暮里・日暮里で下車した
場合はともかくも、電車大環状線通過の特例を利用して、池袋や新宿で
下車した場合も (電車大環状線通過の区間の券面経路表示はしないから)
「*券面経路外で*途中下車したとき」にはあてはまりませんが、どのよう
に扱われますかね。

1.やはり下車前途放棄で (運賃の逆転現象が生じるが) 差額収受なし。
2.「駒形から山手線内ゆき」への区間変更として取り扱い差額収受する。

かりに高木・津幡説が正しいとします。、
「駒形から三河島ゆき」の乗車券で田端・西日暮里・日暮里で下車した
場合はともかくも、他の山手線内で下車した場合でも
「*券面経路外で*途中下車したとき」とはいえないから、仮説1.が適用
されてしまいますよね。これは変だ。

他の山手線内で下車した場合は仮説2.として扱ったほうが自然な気が...

だとすると、田端・西日暮里・日暮里で下車した場合も、
「山手線内ゆき」への区間変更を適用したほうがすっきりとしますが...
================================================================

      fukuoka/surg1@nms......
      猪頭 宣 ( いのかしら せん )
                                      
    猪 は 本多猪四郎
    宣 は 大林宣彦