Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Sat, 5 Jun 1999 17:16:46 +0900
From:  "Kotaro Kato" <fwka1441@mb.infoweb......>
Subject:  [MMML:04497] Re: Tokyo kinkou-kukan
To:  <midori-ml@rcep.dpri.kyoto-u.ac.jp>
Message-Id:  <01beaf2b$c10c0ec0$LocalHost@fmv>
X-Mail-Count: 04497

加藤です。

>[MMML:04496]にて 
>
>>>区間変更が成立するのは、券面表示経路から外れる場合と「乗り越し」
>>>の場合に限られます。この場合は、券面表示経路上の駅での前途放棄
>>>なので、運賃は逆転していますがそのまま下車できると思います。
>>
>>同感です。大都市近郊区間内相互発着の乗車券では、同区間内において
>>経路を自由に選択でき、*券面経路外で*途中下車したときは区間変更と
>>して取り扱うことになっています。
>
>高木・津幡説が正しいとするならば、
>「駒形から三河島ゆき」の乗車券で日暮里で下車した場合は、
>下車前途放棄で (運賃の逆転現象が生じるが) 差額収受なしですか。

類似例について国鉄末期の頃、私の友人が国鉄本社旅客局総務課と東京西
鉄道管理局営業部旅客課に質問していました。
Q  笹子→板橋(中野・目白経由。営業キロ 96.7km、1,620円)の乗車券で、
    運賃計算経路上の東京山手線内所在駅(新宿・池袋間の各駅)に下車した
    場合、笹子→東京山手線内(中野経由。営業キロ100.4km、1,890円)の
    運賃との差額の支払いは必要か。
A  運賃計算経路上での下車は、区間変更にあたらないので差額の支払いは
    不要。


>イオカード使えば、「駒形から山手線内ゆき」とみなされ、前者より高く
>つくためミスミス損をすることになりますね。

イオカード取扱規則第10条の規定からすれば、致し方ないでしょう。


>>いずれにせよ運賃の逆転現象が生じるのは好ましくありませんし、現行
>>の東京山手線内・特定都区市内制度でも逆転現象を防ぐ条文が設けられ
>>ていますから、今回も条文上の対策が取られるものと思います。本件に
>>関していえば、大都市近郊区間内相互発着の乗車券には東京山手線内・
>>特定都区市内制度を適用しない、とするのが簡単でしょう。券売機用の
>>運賃表は煩雑になるけれど、イオカード使えばどうせ自動処理です。
>
>JRの制度担当者は「運賃の逆転現象」に気付いていたのでしょうか?
>あるいは、些細なことなので黙殺したか..?

今回の条文改正は、旅客営業規則第156条第2号イのみでした。運賃逆転
現象は、今回の東京近郊区間範囲拡大前や、東京山手線内制度の適用が
東京駅から50km超の時代(昭和55年4月以前)にもあったわけですから、
新たな条文追加の必要性を感じなかったのでしょう。


>「駒形から三河島ゆき」の乗車券で田端・西日暮里・日暮里で下車した
>場合はともかくも、電車大環状線通過の特例を利用して、池袋や新宿で
>下車した場合も (電車大環状線通過の区間の券面経路表示はしないから)
>「*券面経路外で*途中下車したとき」にはあてはまりませんが、どのよう
>に扱われますかね。
>
>1.やはり下車前途放棄で (運賃の逆転現象が生じるが) 差額収受なし。
>2.「駒形から山手線内ゆき」への区間変更として取り扱い差額収受する。
>
>かりに高木・津幡説が正しいとします。、
>「駒形から三河島ゆき」の乗車券で田端・西日暮里・日暮里で下車した
>場合はともかくも、他の山手線内で下車した場合でも
>「*券面経路外で*途中下車したとき」とはいえないから、仮説1.が適用
>されてしまいますよね。これは変だ。
>
>他の山手線内で下車した場合は仮説2.として扱ったほうが自然な気が...
>
>だとすると、田端・西日暮里・日暮里で下車した場合も、
>「山手線内ゆき」への区間変更を適用したほうがすっきりとしますが...



「駒形から三河島ゆき」乗車券の、運賃計算経路上の途中駅ある田端・
西日暮里・日暮里で下車した




>================================================================
>
>      fukuoka/surg1@nms......
>      猪頭 宣 ( いのかしら せん )
>
>    猪 は 本多猪四郎
>    宣 は 大林宣彦
>
>
>