Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Tue, 19 Sep 2000 14:27:29 +0900
From:  KANDA Katsumi <kanda@tech.khi......>
Subject:  [MMML:05431] Re: 区間変更の有効期間と途中下車
To:  ral-mmml@fan.gr.jp
Message-Id:  <200009190527.AA00646@peters.tech.khi......>
In-Reply-To:  <002e01c021ee$f1db7b80$395e83d2@fmv>
References:  <002e01c021ee$f1db7b80$395e83d2@fmv>
X-Mail-Count: 05431

かんだ@こうべ です。

早速の回答ありがとうございます。

2000/09/19 12:35:37 に tyo さんは次のように書きました。 
> おっしゃるとおり、有効期間は3日間とするのが正当です。原券区間
> を東京都区内→大阪市内と入力したため、4日間と自動計算されて
> しまうわけですが、「日数調整」の機能で3日間に修正することができ
> るので、それを失念したものと思われます。
> 

やはり3日間なのですね。区変して有効期間がのびるのは、おかしいと
思いました。とは言っても、私はその日のうちに三ノ宮で下車しました
から実害(実益か?)はなかったのですが。(私もJRも・・・)


> 途中下車は可能です。
> 
(中略)
> 
> 大阪市内着の乗車券としての効力はなくなりますが、旅客営業規則
> 第70条の太線区間内での途中下車
> は可能と解します。
> 

最初からふつうに 東京都区内→神戸市内 の乗車券を購入していたら
神戸市内の駅では下車前途無効なのに、区変した場合には、着駅が「神
戸市内」ではなくて、この例では「三ノ宮」となってしまうので六甲道
とか灘で途中下車できるのですね。なんだか得したような・・・

それから、うかつなことに、規則第70条には気がつきませんでした。
東海道本線経由なので、大阪環状線には大阪駅でかすっているだけだと
思いましたが、大阪−尼崎も「太線区間」だったのですね。それで、大
阪→(天満または福島)→京橋→加島→尼崎と乗車することもできて、
その経路上でも途中下車できる、と。

-- 
神田克己 kanda@tech.khi......