Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Tue, 31 Oct 2000 12:15:04 +0900
From:  nory@kitasato-u...... (KATAYAMA/Norihisa)
Subject:  [MMML:05557] 伯備線「バス代行」
To:  <ral-mmml@fan.gr.jp>
Message-Id:  <200010310313.MAA10092@nc.kitasato-u......>
X-Mail-Count: 05557



片山@北里大学です。


先週末、出張先の松江から帰ってきたのですが、その時に伯備線の土砂崩れのため「
バス代行」に遭遇したので、報告します。


■旅程・購入チケット

○乗車券:東京都区内−出雲市 
      ●復割で 20,980円 

○特急券:
往路:  東京→松江 サンライズ出雲 (2200/0932)
      ●B個(シングル) 特 3,150 寝 7,350
      ※発売直後でも「ソロ」が取れなかった。競争厳しい...

復路:
・初案  出雲市→東京 27日 サンライズ出雲 (1906/0708)
      ●B個(ソロ) 特 3,150 寝 6,300

・第2案 出雲市→岡山 28日 Sやくも26 (1709/2001)
      ●指定 特 1,410(乗継割引)
     岡山→新大阪 のぞみ30 (2012/2052)
      ●指定 特 3,380
     新大阪→新横浜 ひかり
      ●購入せず

・実際  出雲市→米子 28日 Sやくも26
      普通車指定席
     米子→根雨      やくも24
      グリーン車自由席(笑)
     根雨→生山      代行バス
      JRが手配した「チロル観光」とやらのバス
     生山→岡山      Sやくも26(代)
      グリーン車自由席(笑)
      ●以上、岡山駅で払戻
     岡山→東京  29日 富士
      B寝台下段 自由席(笑)
      ●新幹線特急券を振替扱い

■出来事

・序章

当初は27日の「サンライズ出雲」で帰る予定だったが、28日(土曜日)の午前中
に出雲市で&夕方大阪で用事が出来たため、購入してあった27日のサンライズの「
特・寝」を払い戻しに松江駅のみどりの窓口へ。
並んでいると、前の客が希望していたの(おそらく「出雲」?)がないらしく、駅員
が「岡山から「あさがぜ」ならあります」という返事している。
すかさず、この人に私のサンライズのチケットを(額面通りで)売る。


・出雲市駅〜

出雲市駅で「Sやくも26」と「のぞみ30」の切符を買う(16時20分頃)。こ
の時点では、「地震後ずっと徐行運転していて、のぞみに接続できないかも知れない
。それを承知でなら発売する。カード決済にすると払い戻しの時ややこしいから、現
金で払って欲しい」といわれる。
カードの払い戻し手続きの方法も承知してカードで払うことにすると、券面上は現金
扱いにしてくれた。これが、のちに大正解となる。

「Sやくも26」に乗り込むと「伯備線が不通で、この列車は当駅から発車見合わせ
」とアナウンス。が、「急遽、定刻発車になりました」とアナウンスして、すぐ発車。

松江で10分停車など、遅れ気味で米子に向かう。途中、車掌が全乗客に行き先調査。
米子着前に「この列車は、米子止まりになりました」とアナウンス。


・米子駅〜

駅係員の誘導で、先発の「やくも24」に乗り換える。この列車は、米子で1時間半
以上立ち往生していて、追いついてしまったらしい。
グリーン車が空いていたので、座る。3列シートでふかふか。

時刻表を頼りに、「最終ののぞみに間に合うか?それがダメなら、岡山泊になるのか
なぁ?JRはホテルは出さないよなぁ?0時48分発の「富士」に間に合えば、これに
乗っても良いなぁ」と、今後の成り行きを考える。

単線なので交換に手間取りながら、のろのろと根雨に到着。その分、グリーン車を堪
能できた。この先で、架線が崩れたらしい。
到着後30分ほど、バスがくるのを待つ。その間、架線工事のため電源が落とされ、
車内は非常灯のみになる。
一部の人は、米子に戻って行った。

「チロル観光」と書かれたバス(大型からマイクロまで様々)が3台くる。JRが必
死でかき集めたんだろうなぁ。それでも乗り切れないので、さらに3台くるのを待つ。
途中、迂回しながら、生山駅へ向かう。線路と平行しているところで、崖が崩れて線
路が完全に埋まっているのが、復旧作業のためライトアップされ、よく見れる。想像
以上にひどい。
道路も通行止めになっていて、運転手が携帯でやりとりしながら生山駅へ向かう。さ
らにもう一カ所、土砂が線路の上に崩れているのが見えた。

45分程で生山駅に到着。
今度は、すでに迎えの列車が到着していて、乗り込む(逆に、米子行きの乗客がさっ
きのバスに乗り込んでいた)。
グリーン車を探して、列車の端まで行くが見つけられず。戻ってきたところで、しょ
ぼいグリーン車を発見(笑)。7割ほど埋まっていたが、乗り込む。

なお、この列車は「Sやくも26」として運転しているらしい。「やくも24」が止
まる総社には停車せず、降りる人は備中高梁で普通列車に乗りかえれとのアナウンス
がある。

この列車内でも、車掌が全乗客に行き先を訪ね回る。もう、岡山からの最終の「のぞ
み」は絶望的。
倉敷の手前では、「広島方面へ行く人は倉敷で彗星に乗り換えてください」というア
ナウンスがある。これを聞いて、我々は「富士」への振り替えを確信するが、寝台が
確保できるかが次の不安材料となる。


・岡山駅〜

岡山には結局、23時30分頃着。
最後まで接続の車内アナウンスはなく、駅係員に聞けということになって、聞くと予
想通り「富士」への振り替えらしい。

会議室に集まり、行き先調査。車内での調査の結果が全然違ったらしく、駅員はかな
りあわてる。
#どう考えたって、15人っぱかであるわけがないじゃん(笑)。100人は居たよ。

調査の結果、「富士」を相生・姫路・三宮・大阪・京都(他にもあったかも知れない
)に臨時停車させることにしたらしい。一部は、その先のタクシー代も出すが、ほと
んどの場合は、自分で勝手に帰れということらしい。朝の3時半に大阪駅に着かれて
もねぇ...

岡山駅の職員は、「「富士」には、新幹線特急券をもとに振替券を出す。新幹線特急
券を持っていない人は、正規料金を払ってください」と言っていた。
#寝台なのでかなり高くついてしまうことになる。なんとも...

窓口がすいたところで「やくも」の特急券を払い戻す。ただし、アナウンスはなかっ
たので、知らない人はしていないと思う。カードで買った人は購入窓口でのみ受付な
ので、困っていた。出雲駅のみどりの窓口に感謝。

振替票を作っているので出来たら渡すといっていたが、結局間に合わず、そのまま乗
ることに。空いている寝台の数は充分にあると言うが、半信半疑で定刻に到着した「
富士」に乗り込む。下段を確保。
B寝台だが、大阪までののぞみ特急券で東京まで寝台で行けると思えばラッキー。

で、「富士」は、岡山駅を15分遅れで出発。これだけ臨時停車があるので、東京着
は30分遅れ。
結局、検札もなかった(出来ない状況だった)し、新幹線特急券を持っていなかった
人もおそらく払っていないと思う。

それにしても、岡山到着時「富士」は1〜3号車は乗客ゼロ。
「富士」といえば、一時は日本最長区間を24時間以上かけて運転していた看板列車
なのに。
これでは、ブルートレインはなくなる運命にあるはずです。
子供の頃は、必死で予約を取って乗ったのになぁ。

なお、余談ですが、岡山までの「Sやくも26」のグリーン車(?)で、ザぼんちの
おさむちゃんに遭いました。
というか、最初は気づかずに席をどかしてしまいました(苦笑)。
#しっかりサインもらってきました。



ということで、非常時のJRの応対が悪いとマスコミの餌食になっていますが、今回
の私の印象としては、総じて良かったです。

ただ、改善点もあるので、まとめてお客様窓口へ投書するつもりです。


ところで、質問なんですが。

・カード(普通のVISA)払いのチケットを、現金払い扱いで販売する事には、後
々面倒にならないんでしょうか?
#「ご利用票」は、普通に「指定券 2枚」になっていました。サインするタイプ。

・振替時の寝台列車の扱いは、今回のパターン(接続不可になった列車の特急券で振
替利用)が普通なんでしょうか?


--
[KATAYAMA/Norihisa]    mailto:nory@kitasato-u......    NIFTY:HGH01501,
       JF2XQK/1        i38287@m-unix.cc.u-tokyo......, PC-VAN:QWE36467,
                       nory@asahi.email......,         JALNET:JAL15733,
                       http://www.sci.kitasato-u.ac.jp/nory/(←休止中)
Department of Chemistry, School of Science, Kitasato University