Index: [Article Count Order] [Thread]

Date:  Wed, 2 May 2001 22:03:51 +0900
From:  "TYO" <fwka1441@mb.infoweb......>
Subject:  [MMML:06291] Re: 定期券使用時のルールについて
To:  <ral-mmml@fan.gr.jp>
Message-Id:  <001c01c0d308$73ab9e40$39a080d3@oemcomputer>
References:  <49256A40.002FB88B.00@smtpmta.air.nittsu......>
X-Mail-Count: 06291

加藤です。


> 定期券使用時のルールについて、下記の解釈が正しいか確認していただけますか?
>   御茶ノ水・秋葉原・神田の三角区間について
>    一辺しか通らない定期券では他の二辺に乗車することは出来ない。
>    上記の定期には経由地に「近を四角で囲んだマーク」が書かかれている。
>    二辺を通る定期券で他の一辺に乗車することが出来る(基153条)。
前段はそのとおりですが、後段は条文上(基第153条第1号)一定の
制約があって、たとえば、
◎東京−新小岩(経由:中央、御茶ノ水、浅草橋)の定期乗車券では、
 神田・秋葉原間(東北経由)は乗車可能(同条同号適用対象)
 ですが
◎東京−上野(経由:中央、御茶ノ水、御徒町)の定期乗車券では、
 神田・秋葉原間(東北経由)は乗車不可(同条同号適用対象外)
といった具合に、二辺を通るものならば常に残りの一辺を乗車でき
るとは限りません。
なお、ご指摘の「近を四角で囲んだマーク」は、マルスの印字上の都合に
よる表示方で、もともとは「近を○で囲んだ」(俗に「マル近」表示、国鉄
首都圏本部旅客営業取扱基準規程第108条第3号〜JR東日本旅客
営業取扱細則第53条第3号)ものです。


>   東京−錦糸町について
>    馬喰町経由の定期券では秋葉原を経由することは出来ない。
>    秋葉原経由の定期券では馬喰町を経由することは出来ない。
前段はそのとおりです。後段は基第153条第1号の2の規定により、馬
喰町経由での乗車は可能です。


>   池袋−赤羽について
>    池袋発の高崎線中距離電車を利用する場合は田端経由の乗車券が必要である。
>    十条経由の定期券では田端を経由することは出来ない。
>    従って、十条経由の定期券では池袋発の高崎線中距離電車を利用することが出
>  来ない。
>    田端経由の定期券で十条を経由することが出来る(基153条)。
前段はローカルルールで、池袋・赤羽間について山手線(田端経由)、東北
本線経由で直通運転する列車(すなわち、「池袋発の高崎線中距離電車」等)
に、当該区間内を途中下車をしないで乗車する場合は、十条経由の定期乗車
券で乗車可能です。
後段は基第153条第2号の規定により、十条経由での乗車は可能です。


>   西船橋−二俣新町について
>    南船橋経由の定期券では市川塩浜を経由することは出来ない。
>    市川塩浜経由の定期券で南船橋を経由することが出来る(基153条)。
そのとおりです。


>   岡谷・塩尻・辰野の三角区間について
>    一辺しか通らない定期券では他の二辺に乗車することは出来ない。
>    二辺を通る定期券で他の一辺に乗車することが出来る(基153条)。
そのとおりです。

=============================
加 藤  幸 太 郎
fwka1441@mb.infoweb......
=============================